幅広い情報をあなたに届けるBLOG

ワイドなび

プール

プールでの持ち物とは?必需品やあると便利なアイテム!

投稿日:2017年7月20日 更新日:

プールの持ち物とは?必需品やあると便利なアイテム!

本格的な夏の前に、すでに真夏のような猛暑日が続いているので、プールへ出掛ける準備をしている人も多いのではないでしょうか。

海水浴も良いですが、気軽に行けるプールで楽しむために何を持っていけば良いのか迷いますよね?

この記事では、プールでの持ち物として必需品やあると便利なアイテムをリストアップしてご紹介していきます。

SPONSOR LINK

プールで必需品となる持ち物リスト

プールで必需品となる持ち物リスト

  • 水着
  • ゴーグル
  • 水泳帽子
  • タオル
  • ビーチサンダル
  • レジャーシート
  • 日焼け止め
  • プール用小銭入れ
  • 飲み物
  • ビニール袋

 

 水着 

最重要の持ち物と言っていい水着は、忘れてしまうと楽しみにしていたプールに入れないので、しっかりと持ち物リストをチェックしたいですね。

最悪、水着を忘れても現地で調達できなくはないですが、出費がかさむので出来れば避けたいところです。

また、家から水着を着て行けば水着の持ち忘れの防止になったり、更衣室での着替えも一手間が省けて楽です。

水着を家から着ていった際は、帰りの下着を持っていくのを忘れないようにしましょう!
 

 ゴーグル 

プールには水の他に消毒の役割をしている塩素薬も入っているため、潜った際など目に塩素水が入ると痛かったりしみたりしますので、ゴーグルは必需品です。

プールに潜って遊ぶ人やたくさん泳ぎたい人は、ゴーグルを準備して持っていった方が良いですね。

また、ゴーグルをしてもフィットしていないと、隙間から水が入ってきたりしますので、念のため帰る際は目を洗う専用の蛇口で、目の中を洗い流すことをオススメします。
 

 水泳帽子 

全てのプールではありませんが、とくに市民プールなどの公営プールでは、水泳帽をしないと入れないこともあるので、事前に確認をして必要であれば持って行くようにしましょう。

心配であれば、そこまでかさばるものでもないので、持って行った方が安心ですし、水泳帽が必要の場合は現地で買うこともできます。
 

 タオル 

うっかり忘れてしまうと不便なのがタオルです。

とくに大きめのタオルは、体に巻いて着替える際に必要になりますし、プールから上がった時など体を拭く際に重宝します。

また、ちょっとしたものを拭くのに、フェイスタオルなどの小さいタオルも常備しておくと便利です。
 

 ビーチサンダル 

結構、忘れがちになりやすいのがビーチサンダルですが、ないと素足で移動することになるので困ります。

屋外のプールでは、太陽に照らされた地面が暑く素足での移動では、ヤケドの危険性もあるのでビーチサンダルは必需品です。

また、素足だと小石やガラス片などを踏んだり、思わぬケガをする場合もあるので、屋外に限らず屋内でも履くのをオススメします。

SPONSOR LINK
 レジャーシート 

休憩所を確保したり、荷物を置く時に必要になってくるのがレジャーシートです。

あらかじめ混雑が予想されるプールシーズンの土日などは、レジャーシートを敷くスペースが無くなってしまうこともあり得るので、朝一から行くと良いです。

また、屋外プールの施設ではテントを張れる場合もあるので、日陰がない時などは日差しを避けられてゆっくり休めますね。
 

 日焼け止め 

日差しの強い真夏では、何も対策をしないと短時間ですぐに日焼けをしてしまいます。

とくに、プールや海水浴などでは、必然的に肌の露出が増えて日焼けをしやすい状態になり、さらにプールや海水の水面で太陽の光が反射するので、日焼けをしたくない人は日焼け止めクリームは必須のアイテムです。

プールに入るたびに日焼け止めが流れてしまうので、こまめに塗ることをオススメします!
 

また、子連れの人もお子さんに子供用の日焼け止めを塗って、夏の強い日差しや紫外線から守ってあげましょう。
 

 プール用小銭入れ 

プールへ出かけた時に困るのが、貴重品系の管理ですよね。

貴重品を持って行くのは極力少なくしたいですが、施設内の売店で飲み物や食べ物を買う際に、どうしてもお金は必要になってくるので、プール用に防水仕様の小さな小銭入れを用意して、必要最低限のお金を入れて持って行くようにしましょう。

貴重品をレジャーシートに置いてある荷物と一緒に入れておくのは危険なので、財布やその他の貴重品はロッカーにしまっておくのが安心です。
 

 飲み物 

プールや海水浴などで勘違いしやすいのが、水の中にいるから脱水症状にはならないと思っている人も多いのではないでしょうか。

水中にいても適度に汗は出ていますし、真夏のプールでは熱中症や脱水症状になるケースが多いので、こまめに水分補給をするように心がけましょう。

冷やして持って行った飲み物でも、すぐにぬるくなるので、凍らせたスポーツ飲料や水をクーラボックスや保冷バックに入れて持って行くのがオススメです。
 

 ビニール袋 

ゴミ袋程度の大きさのビニール袋ならコンビニや現地でも調達できそうですが、濡れたタオルや水着を入れるのに、十分な大きさのものを手に入れようとなると難しいかもしれません。

プールで遊び終わった後、水を含んだ水着やタオルが入る大きさのビニール袋を、あらかじめ家から準備して複数枚持って行くと良いです。
 

あると便利なプールの持ち物リスト

あると便利なプールの持ち物リスト

  • サングラス
  • シャンプーやリンス、ボディーソープ
  • ジップロック
  • うちわや携帯型の扇風機
  • 冷感スプレーや汗拭きシート

 

 サングラス 

サングラスはプールから上がって、休憩する際に少し目を休める時に使用すると目の疲労感が和らぎ、白内障の予防にも良いとされています。

また、紫外線は肌から吸収されるだけでなく、実は目からも紫外線は入り込むので、日中の厳しい日差しを避けるとともにサングラスは持って行くことをオススメします。

日焼けは肌だけでなく目も日焼けするから、目が日焼けするとドライアイの原因になるよ!
SPONSOR LINK
 シャンプーやリンス、ボディーソープ 

プールには塩素薬が入っていますので、プール後では微量ながら髪の毛が塩素水によって傷んでしまっています。

プールに入った後は、持参したシャンプーやリンスでしっかりと髪の毛を洗い、ボディソープで体に付いた塩素を洗い流してスッキリさせましょう。

プール施設によっては、シャンプー類の使用が禁止のところもあるので注意が必要です!
 

 ジップロック 

もしスマホや携帯電話、腕時計などを持ち歩く場合は、濡れると壊れてしまう精密機器なので、ジップロックに入れておくと良いです。

ちなみに、100均などで売っている安いジップロックよりも、食品用のシップロックの方が丈夫なのでオススメだよ!
 

 うちわや携帯型の扇風機 

プールに行っても、長い時間プールに浸かっているわけでもないので、レジャーシートなどで休憩している際に暑さ対策として、うちわや携帯型の扇風機があると重宝します。

やはり、じっとしていると屋内プールでも屋外プールでも暑くなってきますので、少しでも涼むために持って行くと良いですね。
 

 汗拭きシートや冷感スプレー 

プールに浸かっている時は、暑さもまぎれ気持ちが良いですが、プールに入る前後が暑いと思うので、汗拭きシートや冷感スプレーがあると便利です。

また、汗拭きシートや冷感スプレーがあると、脱水症状の予防にも良いです。
 

プールでの持ち物とは?必需品やあると便利なアイテム!のまとめ

プールに持って行く必需品や、あると便利な持ち物の参考になりましたでしょうか?

海水浴とは違い、プールは施設内に売店があったりと色々と揃っているため、持ち物に関して準備を怠ってしまいがちになります。

万が一、忘れ物をしても現地調達できるものも多いですが、意外と割高になってしまうので、なるべく忘れ物をせず家から持参したいものですね。

プールに行く際には持ち物リストを書き出しチェックして、準備をバッチリ整えて夏のプールを満喫しちゃいましょう。

-プール

Copyright© ワイドなび , 2017 AllRights Reserved.