ワイドなび

幅広い情報をあなたに届けるBLOG

オリンピック

オリンピックのシンボルマークにはどのような意味が込められている?

投稿日:2016年8月1日 更新日:

olympiad-260782_960_720

人間ドラマのあるオリンピックは、我々に感動と勇気と希望を与えてくれますよね。

2016年にはリオ五輪があり、2020年には56年ぶりに開催される東京オリンピックもあるので、その前にオリンピックのことを少しは知っておきたいですよね。

この記事では、オリンピックについてシンボルマークやその意味を解説していきます。

 SPONSOR LINK 

オリンピックについて

オリンピックとは、国際オリンピック委員会が4年に一度開催される、世界的なスポーツ祭典のことをいいます。

オリンピックには、夏の時期に開催する夏季オリンピックと冬の時期に開催する冬季オリンピックの2種類に分けられています。

夏季オリンピックでは、西暦が4の倍数にあたる年に開催され、冬季オリンピックでは西暦が4の倍数ではない偶数の年に、2年おきにズラしてオリンピックが開催されます。

元々1992年までは同年での開催でしたが、現在では夏季と冬季のオリンピックは、2年ごとに交互に開催されています。

ですので、オリンピックは4年に1度開催されると言われていますが、実質2年に1度開催されていることになります。

競技の種目ですが、夏季オリンピックには26競技の302種目あり、冬季オリンピックには7競技の98種目があります。

現在、オリンピックの開催地を決めるにあたり、前回のオリンピック大会が終わった時点から、8年後のオリンピックを開催する候補地を決めるようになっています。

またオリンピックは、世界中で一番注目される国際大会のスポーツなので、政治問題とスポーツが絡み合うのが、大きな問題点となっている側面もあります。

オリンピックのシンボルマークとは?

オリンピックでよく目にする五色の輪の正式名称はオリンピック・シンボルと言います。

シンボルマークは、1920年に国際オリンピック委員会の創立20周年記念式典が行われた際に、オリンピックの創始者であるフランスの教育者であった、ピエール・ド・クーベルタン男爵が考案した五輪のマークが公表され、シンボルマークは世界の五大陸を5つの重なり合う輪で団結を表しています。

それから現在に至るまでの間、オリンピックのシンボルマークとして受け継がれています。

また、日本ではオリンピックのシンボルマークが五つの輪で構成されていることから、オリンピックのことを五輪と呼ぶこともあります。

この五つの輪は、南極大陸を含まないヨーロッパ、アフリカ、アジア、オセアニア、南北アメリカの五大陸を表すもので、左から順番に青色、黄色、黒色、緑色、赤色と並んでいます。

大陸と五輪の色が関係してるわけではありませんが、公にされていない人種差別の問題なども陰に隠れているかもしれないですね。

なので、オリンピックに参加する国の国旗には、たとえ使われる色が少なくても、地色の白色を含め最低一色は含まれるようにと配慮して選定されました。

 SPONSOR LINK 

オリンピックのシンボルマークの意味

オリンピックのシンボルマークの意味は、平和への発展を願ったものです。

オリンピックのシンボルには、オリンピックというスポーツを通じて、心身の向上や異文化と国籍などの違いを受け入れて乗り越え、友情や連帯性、フェアプレーの精神を培い、相手と互いに理解し合っていくことにより、世界中の人々が手をつなぎ、より良い世界平和の実現を目指す運動の象徴としての意味が込められています。

この想いは、今も変わらず受け継がれ、近年では「環境」のテーマも加わり、オリンピックは世界中の人々が地球環境について向き合う機会にもなりました。

一流のアスリートたちが興奮と感動を与えてくれ、そして少しずつ影響を受けていく人たちの環境保護への取り組みが、オリンピックのシンボルの想いへと導いてくれることでしょう。

また、オリンピックのシンボルマークには別の意味があると言われています。

 五つの自然現象を意味する? 
水を意味する青色
砂を意味する黄色
土を意味する黒色
木を意味する緑色
火を意味する赤色

五つの自然現象から意味付けされていると言われていますし、スポーツの五大鉄則の水分、体力、技術、栄養、情熱を表したものとも言われていますが、自然現象の意味も五大鉄則の意味も日本オリンピック委員会から公式に発表されているわけではなく、あくまでも仮説として取り上げられています。

オリンピックのシンボルマークにはどのような意味が込められている?のまとめ

オリンピックのシンボルマークは、シンプルなマークのように見えますが、色々な深い想いが込められているからこそ、シンボルマークの意味を知ることで、知らないよりかはオリンピックの競技を見るのが楽しくなりますよね。

また、2016年の夏季オリンピックの開催地である、リオデジャネイロの環境や治安が、問題視され世界中から注目されているリオ五輪ですが、ブラジルのイメージを悪化させかねなければいいですね。

2020年には東京オリンピックが開催されるので、東京はオリンピックの色に染まり、シンボルマークの意味を知っていることで、もっと身近にオリンピックを感じたいですね。

 SPONSOR LINK 

♔おすすめ記事ランキング♔

1

日常生活の中で、シークワーサーを目にする機会が少ない人のほうが多いのではないでし ...

シークワーサーは肝機能の改善に役立つ!?注目の効果とは? 2

健康に関する情報も多い現代で、シークワーサーが肝機能改善に良いと話題になり、注目 ...

効果的にシークワーサーを摂取するには? 3

美容や健康に良いと言われている果物はたくさんありますが、そのひとつにシークワーサ ...

-オリンピック

Copyright© ワイドなび , 2017 AllRights Reserved.