お金

カードローンとクレジットカードのキャッシング機能の違いとは?

投稿日:2017年10月28日 更新日:

カードローンとクレジットカードのキャッシング機能の違いとは?

日々の生活の中で、まとまったお金が急に必要となった際、何気なく頭に思い浮かぶのはキャッシングですよね。

カードローンとクレジットカードのキャッシング機能は、両方とも借り入れをすることができるサービスですが、その違いをご存知でしょうか?

この記事では、カードローンとクレジットカードのキャッシングの違いを解説していきます。

SPONSOR LINK

キャッシングとは?

キャッシングとは、キャッシングカードやクレジットカードを使って、ATMやキャッシュディスペンサー(CD:現金自動支払機)、消費者金融の窓口などによってお金を借りることができるサービスです。

キャッシングは、主に以下の2つのタイプに分類されます!
 

  • カードローン(銀行系や消費者金融系)
  • クレジットカードのキャッシング機能

 

サービスによって個々に特徴が見られますが、使いやすさに大きな差はなく、引き出しが可能な金額の限度額は契約内容に応じて決定されます。

キャッシングを利用する時は、契約の前に審査があり、審査が通らなければ利用不可能になるよ!
 

ATMやCDからお金を引き出すという部分では、ご自身の銀行口座の中からお金を引き出すということと酷似しています。

とは言っても、自分の口座の中からお金を引き出すことは借り入れではないですが、消費者金融を通してお金を借り入れるキャッシングは借金になってしまうので、借り入れたお金はしっかりと返すことが必要です。
 

カードローンとは?

カードローンとは、主として銀行やノンバンク(法律によって定められた銀行等以外の金融会社の総称)が発行するカードを使って、ATMやキャッシュディスペンサー(CD:現金自動支払機)から引き出したり、あるいは指定されている金融機関の口座への振込によってお金を借りることを意味します。

前もって審査の結果に見合った借入限度額の中で、原則的には何回でも借りることができ、借入限度額の幅は十数万円~数百万円までと高い金額に設定されていることが多く見られます。

利用方法は、カードローンもクレジットカードのキャッシング機能でも異なる点はほとんど見受けられません。

返済方法については、月毎の分割払いか残高スライドリボルビング払いがほとんどで、基本的に金利はクレジットカードのキャッシング機能と比較すると少々低く設定されているのが普通です。

また、カードローンを申し込むのに、どこがお得なのかもう少し知りたい人は、以下の記事も合わせて見てみてください↓↓↓

カードローンはどこがお得!?おすすめの銀行カードローン8選


 

クレジットカードのキャッシング機能とは?

クレジットカードのキャッシング機能とは?

クレジットカードのキャッシング機能とは、多くの場合クレジットカードに付いているキャッシング機能を利用して、ATMやキャッシュディスペンサー(CD:現金自動支払機)からお金を借りることを意味します。

クレジットカードは、ほとんどの場合ショッピングの際に利用される傾向にありますが、実際にはショッピング機能だけではなく「キャッシング機能」も合わせ持っています。

クレジットカードのキャッシング機能においては、利用できる限度額を示す「キャッシング枠」というものが設けられていて、クレジットカードを申し込む際に申請者自身が決められる仕組みとなっています。

実際のところ、借り入れできる金額としてはキャッシング枠と比べても少なくなっていることが多いのですが、これはショッピング枠の一部分にキャッシング枠が付いているという設定のためです。

借入限度額の幅は数万円~数十万円と、カードローンと比較すると少ない金額に設定されている傾向が見られる小口融資になっています。

返済方法については、翌月の一括払いまたは残高スライドリボルビング払いとなり、基本的に金利は高めになっているのが普通です。

SPONSOR LINK

カードローンとクレジットカードのキャッシングの特徴とは?

キャッシング商品の種類は個々に特徴があり、人それぞれの場合により合うか合わないかがあるため、状況に応じて使い分けて利用することをオススメします。

以下に、カードローンとクレジットカードのキャッシングの特徴を簡単にまとめました↓↓↓

 カードローンの特徴 
  • 早急に現金を準備しなくてはならない人向き
  • 借り入れを何度か積み重ねる確率が高い人向き
  • 利息を少なくしたい人向き
  • 現金が必要な状況になった場合に用意しておきたい人向き

 

 クレジットカードのキャッシング機能の特徴 
  • 借り入れ金額がわずかな人向き
  • 非常時にその時だけ現金を要する人向き
  • 一括返済に対応できる人向き

 

カードローンとクレジットカードのキャッシング機能の違いとは?

カードローンとクレジットカードのキャッシング機能の違いとは?

返済方法の違い

カードローンとクレジットカードのキャッシング機能の最大の違いは、「返済方法」の仕方にあります。

  • カードローンの一般的な返済方法:「分割払い」
  • クレジットカードのキャッシング機能の一般的な返済方法:「一括払い」

 

分割払いの場合は、月ごとに少ない金額を支払う返済計画を立てることで、一回に返済する金額が少しの額になるので、毎月の支払いにも負荷がかからず、無理のない返済を継続できるという部分が分割払いのメリットになります。

借り入れをした金額が高いケースになると、一括払いでの返済は難しいこともあるかと思うので、そのような際には、分割にすると返済しやすくなるよ!
 

しかしながら、借り入れた金額を分割して少しずつ支払っていくと、返済が完了するまでの期間が長期間に渡ってしまうことになります。

このように長期に渡る返済になってしまうと、その度毎に利息が加算されていくため、一括払いの場合に比べて利息分としての金額が増えることになります。

結局のところ、返済完了に至るまでに支払う総合計額が増大してしまう状況が、分割払いのデメリットにもなります。

ですので、しっかりと月ごとに支払うことが出来る金額に設定して、その上で利息がそれほど加算されない程度の回数で返済することができるように、返済計画を詳細に立てることが大切です。

今一度、カードローンとクレジットのキャッシング機能の返済方法の仕方を確認しておきましょう。

  • カードローン:一括払いだと困難な金額を借り入れる時には、分割払いの返済を選ぶ
  • クレジットのキャッシング機能:一括払いが可能な金額を借り入れる時には、利息が少なくて済む一括払いの返済を選ぶ

 

このように、分割払いと一括払いのいずれの返済方法にもメリットデメリットがあるので、人それぞれ状況に応じ最も適した利用方法は変わってきます。
 

金利の違い

カードローンとクレジットカードのキャッシング機能の違いは、「金利」のパーセンテージです。

ちなみに、金利とは借り入れをしたお金を返済する際に支払う利息を決める割合のことです!
 

  • カードローンの金利:低めに設定されている
  • クレジットカードのキャッシング機能の金利:高めに設定されている

 

クレジットカードのキャッシング機能は、クレジットカードを発行した段階よりどんな時でも利用可能なため、緊急時にはさらっと利用してしまう人も多いのではないかと思いますが、金利が高めに設定されていたり、返済方法は一括払いが多くなることなどを考慮すると、クレジットカードのキャッシング機能だけに頼ってしまうのは回避したいところです。

カードローンを利用した場合の方が金利の負担が軽くなることも考えられるため、あなたにとって最適な借り入れ方法を探すと良さそうですね。
 

審査の違い

カードローンとクレジットカードのキャッシング機能の違いは、「審査」の基準です。

カードローンとクレジットカードのキャッシング機能の審査ですと、カードローンの方が審査が厳しくなります。

その理由としては、カードローンは原則的には銀行が提供しているローン商品であって、金利も低く設定されていて、借り入れの上限額が高いためだからだよ!
SPONSOR LINK

カードローンとクレジットカードのキャッシング機能の違いとは!?のまとめ

カードローンとクレジットカードのキャッシング機能の違いについて、参考になりましたでしょうか?

キャッシングの最大メリットとしては、お金をスピーディーに揃えられるポイントですので、冠婚葬祭の時など突然お金を用意しなければならなくなった際に頼りになるサービスだと思います。

一方で、カードローンやクレジットカードのキャッシング機能の利用方法をしっかりと認識し、返済計画を考慮しないと、大幅に損失が出てしまうのもキャッシングの恐いところでもありますよね。

ですので、カードローンだけを選ぶとか、クレジットカードのキャッシング機能だけを選ぶのではなく、その時の状況に合わせてキャッシングを分ける使い方がオススメの利用方法です。

いつでもキャッシングができるように、あらかじめ準備だけでもしておくと、この先緊急な支出があったとしても頭を悩ませることもないので、検討してみてはいかがでしょうか。

-お金

Copyright© ワイドなび , 2018 All Rights Reserved.