ワイドなび

幅広い情報をあなたに届けるBLOG

エアコン

夏のエアコンは贅沢!?おすすめの電気代節約への4ステップとは?

投稿日:2017年6月7日 更新日:

夏のエアコンは贅沢!?おすすめの電気代節約への4ステップとは?

段々と夏が近づいて来るとエアコンが必要な時期になってきますが、電気代がかさんでしまうと思う人もいるのではないでしょうか。

エアコンも使い方次第では電気代がかかったり節約に繋がることもあるので、どんな使い方をすれば良いのか気になりますよね。

この記事では、エアコンの電気代を節約する方法について解説していきます。

SPONSOR LINK

エアコンの電気代を節約するおすすめの設定とは?

エアコンの最適な設定とは?

エアコンの電気代を節約するには28℃が良い

基本的な知識として、エアコンは設定温度を1℃上げるだけで約10%の節電効果があると言われています。

暑がりの人にとっては28℃じゃ物足りないかと思いますが、扇風機など併用することで部屋の空気を循環させれば、体感温度は28℃よりも低く感じられ、案外快適に過ごすことができます。

また、部屋との外気温差は5℃以内にすることで、体の温度調整がしやすく、自律神経が乱れずに体調管理もしっかりでき、夏風邪の予防にも繋がります。
 

エアコンの電気代を節約するには自動運転が良い

エアコンで一番効率の良い運転をしてくれるのが、この自動運転モードです。

一般的に最初から強風モードで運転すると、電力を一気に消費してしまうのではないかと考えてしまいがちです。

確かに暑い部屋を急激に冷やそうと思ったら、それだけモーターがフル活動し、その分エネルギーが使われることになるので、一気に電力を消費してしまいます。

だからといって、部屋が暑い時に最初から微風モードで運転してしまうと風量が弱すぎて、部屋が冷えるまで時間がかかってしまい、その分だけ余計な電力を消費してしまうことになるので、風量の設定は自動運転モードにし、気をつけたいポイントです。
 

エアコンをつけっぱなしだと1時間に電気代はいくらか

最近の省エネタイプのエアコンであれば、機種や使用状況で変わってきますが、だいたい最初の1時間で20円程かかり、その後は1時間辺り5円〜10円程かかると言われています。

エアコンは電源を入れてから一気に冷やし、ある程度、冷えたらその後は微風で部屋の温度を快適に保ちます。

あまり電源をこまめにオンオフしない方が消費する電力を押さえられ、エアコンをつけっぱなしにしている方が1時間あたりの電気代の節約に繋がります。
 

エアコンの電気代を節約するおすすめの利用方法とは?

エアコンの快適な利用方法とは?

エアコンのフィルターをキレイにして電気代を節約する

エアコンのフィルターは2週間に1回ほどは掃除したいところです。

最低でもエアコンを使う夏本番前に一度フィルターを掃除してから電源を入れましょう。

そうすることにより、冷房の効果や効率が上昇し、電力の消費を減らすことに繋がります。

また、衛生面においてもホコリだらけのフィルターから出てくる風を受けていては健康面にも良くないので、常に清潔に保ち快適に過ごしましょう。

SPONSOR LINK

冷房の風を上向きにして電気代を節約する

御存知の人もいると思いますが、暖かい空気は上へ、冷たい空気は下へと向かいます。

ですので、部屋を効率良く温度を下げるためには、冷房の風向きを上方向に設定しておくと良いです。

また、この時に扇風機なども併用すると、より効果的に部屋の温度を下げられ電力の消費を減らすことに繋がります。
 

シーズンオフにはエアコンのコンセントを抜き電気代を節約する

これは待機電力が関係していて、エアコンの電源を入れていないのに、コンセントが差しっぱなしにされていることにより微量ながら電力を消費している現象が起きます。

無駄な電力を使わないように、しっかりコンセントを抜いておくことにより、年間で約300円の節約に繋がります。
 

エアコンの性能を高め電気代を節約するおすすめの方法とは?

エアコンの性能を高める方法とは?

室外機の扱い方に気をつけて電気代を節約する

意外とエアコンの室外機まで気にもかけないですが、少しだけ目をやり、気をつけるだけで節電効果に差が出てきます。

気をつけたいポイントは、室外機周辺に物を置かないことです。

特に前方には、なるべく何も置かないようにし、どうしても物を置くスペースがない場合でも最低限20cmは確保しましょう。
 

エアコンの室外機を日陰にする

エアコンの室外機には、日光を直接当てず、日よけ等を使い日陰にすることで、多少の節電効果があります。

この時に注意したいのが、前方まで塞ぐ必要はなく、上部や左右を覆って日陰にすれば大丈夫です。

また、プラスαで打ち水をしておくと尚良いです。

SPONSOR LINK

エアコンの室外機をキレイにする

室外機は外にあるので掃除は必要ないと思いがちですが、良く使用する夏前には年に1回ほど定期的に室外機周辺や全体の汚れを取ると室外機の負担が軽減されます。

エアコンの電気代を徹底して節約したい人は、室外機もキレイに保ってみてはいかがでしょうか。
 

エアコンに頼らず、ひと工夫で快適にするには?

エアコンに頼らず、ひと工夫で快適にするには?

布を冷水に濡らしカーテンにする

網戸などに冷水で濡らした布をペタペタと貼り付けたり、布を短冊状にして窓の近くにたくさんぶら下げると、その間を空気が通ることで冷水が気化し、外の暑い空気が、涼しい風に変わり、部屋の中へと流れ込みます。

あくまでも体感レベルなので個人差はありますが、暑い夏をしのぐために試してみたい方法ですね。
 

ミントを使って体感温度を下げる

冷却感を感じられるものとして、ハッカやメントールなどありますが、ここでは気軽に使えるペパーミントから涼しさを感じ体感温度を下げます。

涼しさを感じる方法としてペパーミントを嗅ぐことです。

また、このミントの香りを嗅ぐことで体感温度は何度下がるかを実験したところ、4℃も下がるという結果が出るほどなので、興味のある人は試してみてはいかがでしょうか。
 

夏のエアコンは贅沢!?おすすめの電気代節約への4ステップとは?のまとめ

エアコンの電気代を節約する方法を知らないと、とりあえず温度さえ上げていれば節約になるのではないかと思ってしまう人も少なくないのではないでしょうか?

夏の時期になると、どうしても避けられないエアコンの電気代の悩みは、ひと工夫することによって意外と節約に繋がり、結果的に年間の電気代の節約にも貢献でき一石二鳥ですね。

この夏はエアコンの電気代を賢く節約し、浮いたお金をレジャーなどの足しにして、夏を満喫しましょう。

-エアコン

Copyright© ワイドなび , 2017 AllRights Reserved.