アジサイ

アジサイの名所はどこへ行く?東京近郊でおすすめの穴場スポット8選

投稿日:2018年6月17日 更新日:

アジサイの名所はどこへ行く?東京近郊でおすすめの穴場スポット8選

梅雨の風物詩でもあるアジサイは、全国各地に名所がたくさんあり、あじさい祭りなども開催されているのをご存知でしょうか?

アジサイは、湿気の多い時期に爽やかさをもたらしてくれて、ハッピーな気分へと変えてくれる美しい魅力があります。

この記事では、東京近郊にあるアジサイの名所やおすすめの穴場スポット8選をご紹介していきます。

SPONSOR LINK

たくさんのアジサイを満喫するスポット

たくさんのアジサイを満喫するスポット

南沢あじさい山/東京都あきる野市

東京都あきる野市にある南沢あじさい山は、あじさいの季節だけ期間限定で開かれるあじさいスポットです。

南沢あじさい山には、林道沿いに約500mに渡って、およそ10000株ものアジサイが咲き誇り、ピンクやブルーなど色鮮やかなアジサイをたっぷりと満喫できちゃいます。

実は、南沢あじさい山は自治体によって管理されている公園とは違い、土地の持ち主である南沢さんという方が約50年もかけて作り上げたスポットであるというのにはビックリさせられます。

少し遠出をして、初夏のハイキングをゆったりと味わいながら、心身共に癒されてみてはいかがでしょうか。

 【詳細情報】 
  • 名称:南沢あじさい山
  • 住所:東京都あきる野市深沢368
  • アクセス:
    電車の場合:JR五日市線 武蔵五日市駅より徒歩40分
    車の場合:圏央道 あきる野ICより30分、中央道 八王子ICより40分
  • 入場料:大人(中学生以上)500円、小人(小学生以下)300円
  • お問い合わせ:042-596-0514
  • >>公式サイトはこちら

 

東京サマーランド/東京都あきる野市

東京都あきる野市にある東京サマーランドのあじさい園は、およそ30000平方メートルのゆるやかな丘に咲き乱れるアジサイが圧倒的な存在感ある美しさを演出しているスポットです。

東京サマーランドに隣接している「わんダフルネイチャーヴィレッジ」のあじさい園には、およそ60品種15000株ものアジサイの群生が見どころで、とりわけ「アナベルの雪山」と呼ばれている純白のアナベルが山の斜面全体に広がる風景は魅了されてしまうでしょう。

希少品種のアナベルは、あまり国内では見られないと言われていますが、さらに希少なピンク色のアナベルも見れちゃいます。

わんダフルネイチャーヴィレッジでは、愛犬と一緒にアジサイ鑑賞ができるよ!
 

さらには、「シチダンカ」という星型の形をしている幻の八重咲きのあじさいも見ることができます。

例年行なわれているアジサイのイベントでは、特産市や苗木の無料配布なども開かれるので、この機会に足を運んでみてはいかがでしょうか。

SPONSOR LINK
 【詳細情報】 
  • 名称:わんダフルネイチャーヴィレッジ・あじさい園(東京サマーランド)
  • 住所:東京都あきる野市上代継600
  • アクセス:
    電車の場合:JR五日市線 秋川駅よりバス「東京サマーランド行き」下車後、無料送迎あり
    車の場合:圏央道 あきる野ICより国道411号へ約0.5km
  • 入場料:大人(中学生以上)800円、小人(小学生)400円
    ※犬連れの場合は別料金
  • お問い合わせ:042-558-5861
  • >>公式サイトはこちら

 

入場無料の公園でアジサイを楽しむスポット

入場無料の公園でアジサイを楽しむスポット

あじさい公園/東京都小平市

東京都小平市にあるあじさい公園は、1973年(昭和48年)にアジサイの名所に向けて開園した公園で、およそ2800平方メートルある公園全体があじさいに囲まれているスポットです。

自然林のクヌギやコナラなどが窪地に残存する園内には、およそ1500株のアジサイが鮮やかな彩りを添えており、緑もいっぱいで身も心も安らげる雰囲気です。

あじさい公園は、住宅地にありながらも自然を存分に感じられる広々とした公園で、24時間入場無料で入れるので、早朝のお散歩でも、ランチタイムにお弁当を持ってまったりとくつろいだりもできちゃいます。

水路があるあじさいの小径を散策しながら、情緒あふれる武蔵野の原風景みたいな雰囲気を味わってみてはいかがでしょうか。

 【詳細情報】 
  • 名称:あじさい公園
  • 住所:東京都小平市美園町1-25-23
  • アクセス:西武新宿線 小平駅より徒歩5分
  • 入場料:無料
  • お問い合わせ:042-346-9505
  • >>参考サイトはこちら

 

飛鳥山公園/東京都北区

東京都北区にある飛鳥山公園は、花見の名所として江戸時代から有名ですが、梅雨の時期にはアジサイの名所として多くの人で賑わっているスポットです。

飛鳥山公園には、およそ1300株のアジサイが約350メートルも続く「飛鳥の小径(あすかのこみち)」と呼ばれる線路に面したあじさいの道に咲き誇り、結構間近で見れるのでじっくりと堪能できます。

また、飛鳥山公園には可愛らしいアスカルゴと呼ばれるモノレールが無料で乗れて、モノレールの両脇にも多数のアジサイが咲いており、子どもから大人にまで親しまれ人気です。

さらに、飛鳥山公園内には、紙の博物館など3つの博物館があるので、アジサイの風情を満喫しながら、知的好奇心も満たしてみてはいかがでしょうか。

 【詳細情報】 
  • 名称:飛鳥山公園
  • 住所:東京都北区王子1-1-3
  • アクセス:JR京浜東北線 王子駅より徒歩すぐ
  • 入場料:無料
  • お問い合わせ:03-3908-9275
  • >>参考サイトはこちら

 

神社やお寺とアジサイの景色を味わうスポット

神社やお寺とアジサイの景色を味わうスポット

高幡不動尊金剛寺/東京都日野市

東京都日野市にある高幡不動尊金剛寺は、都内で有数のあじさいの名所として人気の高いスポットです。

およそ250品種7500株のアジサイが境内を埋め尽くし、五重塔とアジサイの美しいコントラストは、たくさんの人々の心を惹きつけています。

また、四国八十八ケ所巡拝を模範とした「高幡不動尊 山内八十八ケ所巡拝路」と言われる巡拝コースがあり、あじさいが山の斜面あちこちにアジサイの咲く様子が楽しめて、ちょっとしたハイキングのような気持ちでアジサイを見渡せるので、その華麗な眺めを堪能しようと大勢の人々が訪れます。

例年6月上旬から7月上旬に渡って「あじさいまつり」が行われ、植木市やフリーマーケット、屋台などの盛りだくさんなイベントが開かれるので、一足早く夏祭り気分を満喫しに足を運んでみてはいかがでしょうか。

SPONSOR LINK
 【詳細情報】 
  • 名称:高幡不動尊金剛寺
  • 住所:東京都日野市高幡733
  • アクセス:京王線 高幡不動駅より徒歩3分、多摩モノレール 高幡不動駅より徒歩5分
  • 入場料:拝観料 奥殿 300円、大日堂 200円
  • お問い合わせ:042-591-0032
  • >>公式サイトはこちら

 

白山神社/東京都文京区

東京都文京区にある白山神社は、アジサイが美しい神社として評判で、多くの人々から愛されているあじさいスポットです。

白山神社には、約20種3000株のバリエーション豊かなアジサイが境内を埋め尽くし、あじさいが見頃となるシーズン限定でオープンする「富士塚」と呼ばれる小高い丘では、アジサイに包まれているかのような雰囲気に圧倒されます。

毎年6月前半の期間で催される文京あじさいまつりは、文京花の五大まつりの一つとして昔から親しまれており、老若男女が満足できる催し物が充実しています。

あじさいまつり期間中の週末には、たくさんの屋台が出たり、コンサート等も開かれ、多くの人で賑わっているよ!
 

また、白山神社の裏側にある白山公園は、1891年(明治24年)にオープンした文京区で最も古い公園で、わりと大きめのアジサイやバラエティーに富んだあじさいを堪能でき、公園の周囲にはアジサイがぐるっと植えられていて存分に満喫できます。

白山神社は、多種多様な色とりどりのあじさいが一つのエリアに咲いていたり、珍しいアジサイも数多く観賞できるので、青色や紫色、ピンク色や白色をはじめとする彩り豊かなあじさいが生み出す幻想的な景色を味わってみてはいかがでしょうか。

 【詳細情報】 
  • 名称:白山神社(はくさんじんじゃ)
  • 住所:東京都文京区白山5-31-26
  • アクセス:都営三田線 白山駅より徒歩3分、東京メトロ南北線 本駒込駅より徒歩5分
  • 入場料:無料
  • お問い合わせ:03-3811-6568
  • >>参考サイトはこちら

 

のんびりとアジサイを堪能できるスポット

のんびりとアジサイを堪能できるスポット

旧芝離宮恩賜庭園/東京都港区

東京都港区にある旧芝離宮恩賜庭園は、現代において存在している最古の大名庭園の一つとなっており、日本発祥の品種とされているガクアジサイが堪能できるスポットです。

園内は、一般的な回遊式泉水庭園で設計されていて、中心とも言える池を見ながら庭園内を散歩したり、のんびりと過ごすことができます。

日本国内は酸性の土壌が多いので、かつては青色のアジサイのみでしたが、濃いめの藍色から淡い感じの水色にかけて細やかな青色のアジサイが満喫できます。

アジサイの色が変わる理由について、もう少し知りたい人は以下の記事も合わせて見てみてください↓↓↓
>>アジサイはどんな花!?アジサイの色が変わる理由と花言葉の意味!

旧芝離宮恩賜庭園は、都内においてアクセスの良い希少な庭園なので、アジサイ観賞にぷらっと立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

 【詳細情報】 
  • 名称:旧芝離宮恩賜庭園(きゅうしばりきゅうおんしていえん)
  • 住所:東京都港区海岸1-4-1
  • アクセス:JR 浜松町駅より徒歩1分、都営地下鉄大江戸線/浅草線 大門駅より徒歩3分
  • 入場料:一般 150円、65歳以上 70円
    ※小学生以下および都内在住・在学の中学生は無料
  • お問い合わせ:03-3434-4029
  • >>参考サイトはこちら

 

京王百草園/東京都日野市

東京都日野市にある京王百草園は、約500株あるアジサイを和の風情が堪能できる自然いっぱいの庭園で、まったりと落ち着いて楽しめるスポットです。

京王百草園に咲いているアジサイは、特に純白のアナベルであったり、ピンク色の八重咲きスターマイン、青紫色やピンク色の渦をまくように見えるウズアジサイなど、バラエティーに富んでいます。

アジサイのことについて、もう少し知りたい方は以下の記事も合わせて見てみてください↓↓↓
>>アジサイの種類はいくつある?色別による人気のアジサイの種類と名前

さらに、京王百草園では、アジサイ以外にもその季節に応じた華麗な花々を観賞することができ、また晴れた日なら富士山や筑波山を眺められたり、園内にある見晴台からは東京スカイツリーを望めるといった特権もあります。

かやぶき屋根の古民家や秋田杉でつくられた茶室など、風情がある京王百草園でゆったりとアジサイを味わってみてはいかがでしょうか。

SPONSOR LINK
 【詳細情報】 
  • 名称:京王百草園(けいおうもぐさえん)
  • 住所:東京都日野市百草560
  • アクセス:京王線 百草園駅より徒歩10分
  • 入場料:大人300円、小人100円
  • お問い合わせ:042-591-3478
  • >>公式サイトはこちら

 

アジサイの名所はどこへ行く?東京近郊でおすすめの穴場スポット8選のまとめ

東京近郊にあるアジサイの名所おすすめスポットの参考になりましたでしょうか?

アジサイは、鮮やかな花色で梅雨の時期のブルーな気分をかき消してくれて、多くの人の心を魅了し楽しませてくれます。

彩り豊かなあじさいを満喫できる名所は、東京近郊にも数多くあり、観光スポットとしても人気が高く、毎年たくさんの人で賑わいます。

様々なスポットによってバラエティー豊かなアジサイを堪能できるので、いくつものアジサイの名所へ出掛けてみてはいかがでしょうか。




-アジサイ

Copyright© ワイドなび , 2018 All Rights Reserved.