ワイドなび

幅広い情報をあなたに届けるBLOG

体育の日

体育の日はいつ?体育の日の由来と意味や運動会の始まりとは?

投稿日:2017年9月17日 更新日:

体育の日はいつ?体育の日の由来と意味や運動会の始まりとは?

少しずつ気温も下がり始め、運動を始めようと思ってる人にとって、カラダを動かしやすい時期になってきましたね。

運動といえば体育の日を連想する人もいるかと思いますが、そもそも体育の日がなぜ秋に制定されているのか気になりますよね。

この記事では、体育の日の時期、由来や意味、運動会の始まりを解説していきます。

SPONSOR LINK

体育の日はいつ?

体育の日とは、毎年10月の第2月曜日となっています。

元々、体育の日は1999年(平成11年)までは、毎年10月10日に制定されていましたが、ハッピーマンデー制度によって2000年(平成12年)以降からは、体育の日は10月10日という固定の日ではなく、10月の第2月曜日に日にちが変更されました。

ハッピーマンデー制度というのは、法改正により特定の祝日を月曜日に固定することで、祝日が平日の間に来ないように、あらかじめ月曜日に定めておくことで、土曜日、日曜日、月曜日の三連休となるようにしておくものです!
 

補足として、現在のハッピーマンデー制度が適用されている祝日を以下にまとめましたので、参考までに見てみてください↓↓↓

 ハッピーマンデー制度適用前 
  • 成人の日:1月15日
  • 海の日:7月20日
  • 敬老の日:9月15日
  • 体育の日:10月10日
  •  

     ハッピーマンデー制度適用後 
  • 成人の日:1月の第2月曜日
  • 海の日:7月の第3月曜日
  • 敬老の日:9月の第3月曜日
  • 体育の日:10月の第2月曜日
  •  

    このハッピーマンデー制度によって、上記4つの祝日に関しては毎年日付が変わっていきます。

    では、今後の体育の日の日にちを確認しておきましょう。

    ちなみに、2017年の体育の日は‪10月9日‬(月)になります!
     

  • 2016年(平成28年):10月10日‬‬
  • 2017年(平成29年):‪10月9日
  • 2018年(平成30年):‪10月8日
  • 2019年(平成31年):‪10月14日‬
  • 2020年(平成32年):‪10月12日
  • 2021年(平成33年):‪10月11日
  • 2022年(平成34年):‪10月10日
  • 2023年(平成35年):‪10月9日
  • 2024年(平成36年):‪10月14日
  • 2025年(平成37年):‪10月13日
  •  

    このように、表で体育の日を見るとハッピーマンデー制度が適用されても、数年に一度10月10日と体育の日が重なることがわかります。

    また、2020年では東京オリンピックも開催される年なので、盛り上がりますね。

    SPONSOR LINK

    体育の日の由来や意味とは?

    体育の日の由来

    体育の日の由来とは、1964年(昭和39年)に東京オリンピックが開催され、開会式が10月10日に行われたことから定められました。

    1964年に開催された東京オリンピックは、日本を始めアジアでも初となるオリンピックだったよ!
     

    ですので、オリンピックの感動や選手たちの素晴らしい活躍をたたえて、1966年に正式に10月10日を国民の祝日と定め、記念日として体育の日ができました。
     

    体育の日の意味

    体育の日の意味とは、「国民がスポーツに親しみ、健康な心身を培う日」という趣旨です。

    この趣旨には、スポーツや運動を通して健康なカラダを作ることはもちろんですが、健康のことについて考えたり、人と関わることの大切な要素があります。

    ですので、体育の日はカラダを動かすだけが目的ではなく、人と関わることにより心を成長させるような経験をすることに意味があります。
     

    東京オリンピックの開会式に選ばれた日の理由とは?

    東京オリンピックの開会式に選ばれた日にちの理由とは、戦後から復興した日本の姿を世界にアピールするには、絶対に晴れる日が良いとされ、秋晴れの10月10日が選ばれたためです。

    そして、1959年に日本オリンピック委員会は気象庁へ、絶対に晴れる日を調べてほしいと依頼しました。

    気象庁が膨大なデーターの中から一番高い確率で晴れる日を調べたところ、10月15日が割り出され、二番目に晴れる日が10月10日という調査結果になりました。

    そのとき、東京オリンピックが開催される1964年の10月15日は平日の木曜日だったため、より多くの人々の注目を集めるために、日本オリンピック委員会は土曜日の10月10日を東京オリンピックの開会式の日に決定しました。

    また、オリンピックについてもう少し知りたい人は、以下の記事も合わせて参考にしてみてください↓↓↓
    >>オリンピックのシンボルマークにはどのような意味が込められている?
     

    運動会の始まりとは?

    日本での運動会の始まりは、1874年に海軍兵学寮(1876年改称:海軍兵学校)で行われたと言われています。

    当時、海軍兵学寮の規則が厳しくて耐えられず、退寮する者が続出したため、海軍兵たちのストレス発散とともにカラダや精神面などを鍛えることを目的として運動会が提案されました。

    その時の運動会は「競闘遊戯会」と呼ばれていましたが、1883年に東京大学が「運動会」の名で開催しました。

    そして、東京大学が運動会を開催したことをキッカケに、初代文部大臣が全国の小中学校でも行うように言い渡し、実施されるようになりました。

    SPONSOR LINK

    体育の日はいつ?体育の日の由来と意味や運動会の始まりとは?のまとめ

    体育の日が制定された由来や運動会がどのように始まったのかなどについて参考になりましたでしょうか?

    体育の日は10月10日だと思っていたのですが、いつの間にか10月の第2月曜日に法改正されていたのですね。

    同様に、体育の日が1964年の東京オリンピックに関係していたことを知っている人も少ないのではないでしょうか。

    また、運動会の時期になってくると、運動会の準備や用意しておきたい持ち物などについて、気になる人もいるかと思いますので、以下の記事も合わせて見てみてください↓↓↓
    >>運動会の準備は楽しい!?用意しておきたい持ち物とは?

    体育の日の由来や意味を知ることで、今までよりも心身とも健康について考え、運動を意識して健康なカラダ作りをしていきたいですね。

    -体育の日

    Copyright© ワイドなび , 2017 AllRights Reserved.