年賀状

年賀状に添え書きするポイントとは?相手に喜ばれる一言文例のコツ!

投稿日:2018年11月14日 更新日:

年賀状に添え書きするポイントとは?相手に喜ばれる一言文例のコツ!

年賀状のシーズンが近づいてきましたが、年賀状に添え書きをする一言メッセージはお決まりですか?

毎年、年賀状を送っている相手には、近況報告や今年の抱負などのありふれた一言メッセージではなく、少し工夫したメッセージを添えたいですね。

この記事では、年賀状の添え書きポイントとして相手に喜ばれる一言文例のコツをご紹介していきます。

SPONSOR LINK

年賀状に添え書きする一言メッセージのポイント

年賀状に添え書きする一言メッセージのポイント

年賀状は、送る相手先に応じて心をこめた一言メッセージを添え書きすると、受け取る相手にとっても印象に残りますよね。

近年では、パソコンから年賀状のソフト等を利用して年賀状を作ることが多いかと思いますが、その際にもオリジナルのコメントを書き添えると、とてもイメージが良くなるのではないでしょうか。

年賀状のデザインを考える際には、送る相手への一言を添え書きできるように、ある程度のスペースを確保してレイアウトすることがポイントです!
 

また、市販の年賀状などで「あけましておめでとう」や「謹賀新年」などの、お祝いの言葉や挨拶文が前もって印刷されているデザインである場合には、印刷されている内容と添え書きする一言文がかぶらないように気を付けなければなりません。

例えば、「本年もどうぞよろしくお願いいたします」と印刷されている年賀状に、「今年もよろしくね」と添え書きするのは、受け取る相手にとっては喜ばしくない内容になってしまいます。

毎年添え書きをする一言に困ってしまう人は、年賀状にあらかじめ印刷された文章が少ないデザインを選択しておくこともポイントですね。
 

ご無沙汰している人への添え書き一言メッセージのポイント

ご無沙汰している人への添え書き一言メッセージのポイント

相手の魅力や個性を褒めること

それほどお付き合いがなくなってしまったようなご無沙汰している人へ年賀状を送る場合には、ありふれた内容の添え書きメッセージになってしまうことも多いのではないでしょうか。

そのような場合には、以前送る相手に対して感じられた魅力や個性などを思い浮べてみると、インパクトのある一言メッセージを添え書きすることができます。

 【文例】 
  • ◯◯先輩はどんなときもオシャレで憧れます!また今度 大人っぽいファッションをぜひアドバイスお願いします
  • 随分とご無沙汰してしまっていますが ◯◯さんの並はずれのトーク力はお変わりないですか?今度お会いした際のお話をとても楽しみにしています
  • 昔はよく◯◯さんの笑顔に心が安らいで助けられてたな~ 今年も幸せな笑顔で周りの人たちをハッピーで包んでね
  • SPONSOR LINK

    SNSからの情報に触れること

    インスタグラムやフェイスブックなどのSNSからの情報を元に、相手に対して羨ましがるような年賀状の一言メッセージを添え書きするのも良いですね。

    年賀状をもらった相手は、日頃から自分の投稿を見てもらえているという安心感を感じられますよね。

    とりわけ、いつもはSNSの投稿にコメントは残さずに、いいね!を押しているだけの相手である場合は、自分と相手だけの一対一の関係である年賀状でSNSからの情報に触れて一言メッセージを添え書きすると、もらった相手はより一層喜んでくれるのではないでしょうか。

     【文例】 
  • ◯◯さんのフェイスブックでいつも元気もらってます!念願のマイホーム憧れます いつか遊びに行かせてください 今年もいっぱいアップしてくださいね!
  • ◯◯のツイッター楽しみに見てるよー!素敵な旦那さまといつも一緒にいられて羨ましい!今年も幸せいっぱいの一年を!!
  • インスタグラムで◯◯の可愛らしい娘(息子)ちゃんの姿を見て いつも幸せな気持ちでいっぱいだよ~!今年も輝いているママを応援してる!
  •  

    お誘いをすること

    年賀状を出す際にお誘いをすることは、これからも相手とお付き合いを継続していきたいというあなたの気持ちが伝わるとともに、相手としてもこの先のコミュニケーションが取りやすくなるのではないでしょうか。

    また、まだ付き合いの浅い関係の相手であれば、距離を縮めたいという場合にもお誘いをする一言メッセージは良いかもしれません。

     【文例】 
  • 近いうちにお茶でもしよ~ 都合の良い時にでもLINEで返信くださーい
  • 今年こそは一緒に夏フェス行こうぜ!!
  • 久々に◯◯と会いたいな~ みんなでまた集まろうよ!
  • ◯◯先輩 また近々うまいメシと酒 ごちそうしてください!!
  •  

    友人や同僚への添え書き一言メッセージのポイント

    友人や同僚への添え書き一言メッセージのポイント

    相手への親愛を書き示すこと

    相手への親愛の気持ちを明確に示したメッセージが添え書きされていると、年賀状をもらった相手は率直に嬉しい気持ちになりますよね。

    さらに、初めに質問されたメッセージが添え書きされていると、年賀状を送ってきた相手を意識してイメージをしやすくなるため、印象に残る年賀状になるのではないでしょうか。

     【文例】 
  • もう新しい環境にはだいぶ馴染んできた?近々そっちの方へ寄るから、その時はお茶でもしよ~
  • ちょっとウチらご無沙汰しすぎだよね!?今年こそ◯◯ちゃんと会って色々語り合いたいよー!
  • ◯◯は変わらずダンスに一生懸命取り組んでるのかな?次の舞台がある時は必ず声掛けてね!
  • SPONSOR LINK

    相手の近況を掘り下げること

    お互いの趣味や仕事のほか共通したネタなど相手の近況に触れて掘り下げると、年賀状をもらった相手は自分自身に関心をもってくれていると感じるものですよね。

    とくに近年では、SNSなどの情報から本人だけでなく、共通の交流関係からも様々な情報が耳に入りやすい時代でもあります。

    たとえ、それほど一緒に仕事をしない同僚や付き合いの浅い知り合いなどでも、相手の近況について掘り下げた内容のメッセージが添え書きされていると、自分のことを知ってもらっていたことに喜ぶのではないでしょうか。

     【文例】 
  • 近頃の◯◯くんの活躍ぶり、色んな所から聞こえてくるよー!やっぱさすがだね!!
  • ◯◯さんお引っ越しをしたと聞きました!新しいお住まいはいかがですか?
  • ◯◯の試験に合格したんだってね!やってくれると思ってたよ~ 思った通り◯◯はカッコイイわ~!
  • ◯◯ 結婚おめでとう!めっちゃ幸せいっぱいの新婚生活をエンジョイしちゃってますか~?
  •  

    家族や親戚への添え書き一言メッセージのポイント

    家族や親戚への添え書き一言メッセージのポイント

    相手の家族を気遣うこと

    それほど交流が多くない親戚などに対してですと、なかなか接点も見つけづらく、ありふれたワンパターンの添え書きになりやすいので、相手の家族を気遣うメッセージを添え書きすることがポイントになります。

    さらに、親戚の中において冠婚葬祭などの行事があったのであれば、その時の件を書き加えるのも良いのではないでしょうか。

     【文例】 
  • 昨年は娘の結婚式にご出席いただきまして 感謝いたします
  • 一年に一回のお便りになってしまっておりますが ◯◯家の皆さまはお変わりなくお過ごしでしょうか
  • あっという間に◯◯くんも小学生なんですね!
  • 叔父さまが腰痛を患っていらっしゃると母から聞きました 早く良くなられることをお祈り申し上げております
  • SPONSOR LINK

    相手の今年の記念事を祝うこと

    年賀状で相手の今年の記念事を先回りしてお祝いすると、年賀状をもらった相手は覚えていてくれたことにすごく喜んでくれるでしょう。

    ひょっとしたら、自分のことながら覚えていなかった記念事の話題を、年賀状の送り主であるあなたから知らせるということになる場合もあるかもしれませんね。

    そういった節目の記念事が添え書きされた年賀状は、相手のことを忘れずに想っていることの象徴になるので、とても印象に残るのではないでしょうか。

     【文例】 
  • 今年は◯◯ちゃんの成人式ですよね!?楽しみですね!お会いした時にでも◯◯ちゃんの晴れ姿のお写真ぜひ見せてください
  • 中学を卒業してからもう15年にもなるんだね!今度 卒業15年のお祝いしよー!
  • 今年はオープン10周年記念ですよね!おめでとうございます!!
  •  

    上司や恩師への添え書き一言メッセージのポイント

    上司や恩師への添え書き一言メッセージのポイント

    感謝の気持ちをまっすぐに伝えること

    普段からお世話になっている上司や大切な恩師に向けては、日頃は言いづらい感謝の気持ちをまっすぐに伝えるメッセージを添え書きすると良いですね。

    とくに、「実は」や「あの時は言えなかったけど」、「本当は」などというようなフレーズをプラスすると、ますます相手に対する感謝の気持ちが身に染みて感じ取れて、心から温かい気持ちになってくれるのではないでしょうか。

     【文例】 
  • どんなときも私ども部下たちを気遣ってくださり ありがとうございます 実は ◯◯さんのその想いがいつも何よりも嬉しいです
  • 先日はお会いできて 本当に嬉しかったです あの時は伝えられませんでしたが 感謝の気持ちでいっぱいです
  • 今までとは全く違うジャンルの部署に異動して不安なことだらけでしたが ◯◯さんのような尊敬できる上司の元で仕事をさせていただけて 実に私は幸せ者です
  •  

    部下や後輩への添え書き一言メッセージのポイント

    部下や後輩への添え書き一言メッセージのポイント

    励ましの言葉を添えること

    誰しも、激励の言葉をもらったときには安心感を感じて、晴れやかな気持ちになるのではないでしょうか。

    決して、相手のネガティブな部分をフォローするという訳ではなく、ポジティブに刺激を与えるというようなイメージの添え書きメッセージを贈ることがポイントになります。

     【文例】 
  • ◯◯さんがピンチに陥ったらすぐに呼んでね!いつでも時間取るからさ!
  • 今年も一緒に切磋琢磨しながら頑張ろう!もしものことが起こった時には フォローするから安心してな!
  • ◯◯資格の勉強を始めたって耳にしたよ!◯◯くんだったら、絶対に合格だね!!
  • いつでもアシストするから、とことん一生懸命に取り組んでみて!
  •  

    気合いが入るような熱い気持ちを伝えること

    年賀状で相手の気合いが入るような熱い気持ちを添え書きすることは、相手が大切にしていることや目標などを日頃からシェアしていると、年賀状をもらった相手は一段と心に響くこと間違いなしですね。

    いつもは物静かな印象のある人でも、年賀状では少しくらい熱いキャラを出して、添え書きをしてみてはいかがでしょうか。

     【文例】 
  • ◯◯さんの更なるパワーアップした姿を今年も期待してるよ!
  • 今年もまた一緒に最高の結果を残そう!
  • 今年も◯◯くんらしさをドンドン出して 思いっきり成果を上げちゃおう!
  • SPONSOR LINK

    年賀状に添え書きするポイントとは?相手に喜ばれる一言文例のコツ!のまとめ

    年賀状に添え書きするポイントや相手に喜ばれる一言文例のコツの参考になりましたでしょうか?

    あらかじめ印刷されている年賀状であっても、手書きされたメッセージが添え書きされていたら、淡白なイメージを与えることもなく、あなたの気遣いが感じ取れる年賀状になりますよね。

    自分自身の近況や抱負など自分中心のメッセージだけでなく、相手に向けての気持ちが伝わるような話題の内容を添え書きすることが大切ですね。

    また、友達や親戚であったり、社会人として上司や取引先など会社関係者への年賀状に添え書きする一言メッセージ文例集について、もう少し知りたい方は以下の記事も合わせて見てみてください↓↓↓
    >>友達や親戚への年賀状に添え書きする一言メッセージ文例集!
    >>上司や取引先など会社関係者への年賀状に添え書きする一言文例集!

    慌ただしい一年の終わりに時間をさいて書く年賀状ですので、年賀状を送る相手をイメージしながら、相手の顔がほころぶような心のこもったメッセージを添え書きできるよう、年賀状作りの時間も満喫してみてはいかがでしょうか。




    -年賀状

    Copyright© ワイドなび , 2018 All Rights Reserved.