文化の日

文化の日はどう過ごす!?東京でオススメの無料施設6選

投稿日:2018年10月13日 更新日:

文化の日はどう過ごす!?東京でオススメの無料施設6選!

文化の日である11月3日には、様々な地域で美術館や博物館などのような文化施設が無料で入れることをご存知でしょうか?

普段であれば入館料が必要な施設が、文化の日に限定して無料になるのであれば、気になる施設をチェックしたいですね。

この記事では、文化の日に東京でオススメの無料施設6選をご紹介していきます。

SPONSOR LINK

国立西洋美術館

国立西洋美術館

国立西洋美術館は、1957年にオープンし2016年に世界文化遺産の登録がされた西洋美術作品専門の美術館です。

文化の日には、常設展の観覧が無料になるよ!
 

上野公園内にある国立西洋美術館は、建物そのものが美術品になっており、西洋美術の作品を全般的に広く展示しています。

国立西洋美術館の見どころは何と言いましても、西洋美術で有名なピカソのデッサンやロダンの彫刻の他、印象派の絵画などの展示で、子どもから大人まで満足できること間違いなしでしょう。

 【詳細情報】 
  • 文化の日の特典:常設展の観覧無料
  • 住所:東京都台東区上野公園7-7
  • アクセス:JR 上野駅 公園口より徒歩1分
  • 通常入館料:一般500円、大学生250円
  • 開館時間:9時30分~17時30分(金曜日・土曜日は20時まで)
    ※期間によって変動あり、時間延長期間あり
  • 休館日:毎週月曜日
  • お問い合わせ:03-5777-8600(ハローダイヤル)
  • >>公式サイトはこちら

 

国立科学博物館

国立科学博物館

国立科学博物館は日本最古の博物館で、上野公園内に建てられた日本の博物館を代表する総合科学博物館です。

文化の日には、常設展の入館が無料になるよ!
 

科学技術史や自然史に関しての総合博物館のコレクションは400万点以上にもなり、地球館と日本館の2つの展示場では、レアな恐竜のはく製や有名な忠犬ハチ公を見ることが出来ます。

また、シアター360という映像が前方向に投影され、まるで別世界を味わっているかのような世界初のシアターもあり、映像がスタートするとすぐさま恐竜のいた世界へのタイムスリップ体験もできます。

そのほか、企画展や特別展などの展示が充実しているため、まるごと博物館を一日中楽しめて、子供たちに大変人気があるオススメの施設です。

 【詳細情報】 
  • 文化の日の特典:常設展の入館無料
  • 住所:東京都台東区上野公園7-20
  • アクセス:JR 上野駅 公園口より徒歩5分
  • 通常入館料:一般/大学生620円
    ※夜間天体観望は別途料金
  • 開館時間:9時~17時(金曜日・土曜日は20時まで)
    ※期間によって延長あり
  • 休館日:毎週月曜日
  • お問い合わせ:03-5777-8600(ハローダイヤル)
  • >>公式サイトはこちら

 

国立科学博物館附属自然教育園

国立科学博物館附属自然教育園は、目黒駅からほど近い場所にあり、6万坪の広さを持つ植物園です。

文化の日には、入園が無料になるよ!
 

国立科学博物館附属自然教育園内には、池や沼などもたくさんあり、東京都内にいることを忘れてしまうくらい自然いっぱいのスポットで、子供だけでなく大人にも人気です。

水生植物園には、魚や虫だけに限らず、愛らしいカルガモやアオサギ等々の鳥も存在していて、好奇心旺盛な年頃の幼い子供さんたちでも、園内が広いので満足できちゃいますよ。

また、室内にある休憩所のほかにも、園内にいくつもベンチがあるので、少し歩き疲れたら休憩することもできて助かります。

文化の日の辺りはだいたい紅葉の時期なので、少々混雑するかもしれませんが、広々とした敷地なのでそこまで人混みが気にならないかと思われます。

豊かな緑に囲まれながら自然の生き物や植物などを観察して、心を安らげながら日本の自然文化を満喫してはいかがでしょうか。

SPONSOR LINK
 【詳細情報】 
  • 文化の日の特典:入園無料
  • 住所:東京都港区白金台5-21-5
  • アクセス:JR山手線 目黒駅より徒歩9分
  • 通常入園料:一般/大学生310円
  • 開園時間:9時~16時半
    ※季節によって変動あり
  • 休園日:毎週月曜日、祝日の翌日他
  • お問い合わせ:03-3441-7176
  • >>公式サイトはこちら

 

郷土と天文の博物館

郷土と天文の博物館は、葛飾の歴史を辿る郷土博物館と、日本国内屈指のプラネタリウムが備わっている天文博物館が合体した博物館です。

文化の日には、入館とプラネタリウム観覧が無料になります!
 

なかでもプラネタリウムは非常に評判が良く、実物かというくらい綺麗な星空が堪能できる「光学式プラネタリウム」と、宇宙をCGで表わす「デジタルプラネタリウム」の2つが一緒になった仕組みになっています。

特にデジタルプラネタリウムは、人類観測史上最遠と言われる137億光年彼方の宇宙まで、自在に宇宙への旅ができる国内初の「デジタルユニバース」という機能が搭載されています。

さらに、天気が晴れている時であれば常に太陽を見ることができる天体観測室や天文展示室もあります。

また、郷土フロアでは昭和30年代の家や工場を当時のまま再現しているコーナーが好評で、一昔前へタイムスリップした気分を楽しむことができます。

文化の日には多様なイベントも開かれ、動物との触れ合いや鎧(よろい)の着付けイベントも行われます。

子どもを対象としたイベントもたくさんあるため、子連れでも子供は飽きることなく楽しめて、大人も十分に満足できる施設となっています。

 【詳細情報】 
  • 文化の日の特典:入館無料とプラネタリウム観覧無料
  • 住所:東京都葛飾区白鳥3-25-1
  • アクセス:
    京成電鉄本線 お花茶屋駅より徒歩9分
    JR常磐線/東京メトロ千代田線 亀有駅より徒歩22分
  • 通常入館料:大人100円、小/中学生50円 
    ※プラネタリウムは別途料金
  • 開館時間:9時~17時(金曜日と土曜日は21時まで)
  • 休館日:月曜日、第2・第4火曜日
  • 駐車場:あり(15台)
  • お問い合わせ:03-3838-1101
  • 公式サイトはこちら

 

東京国立近代美術館 本館/工芸館

東京国立近代美術館 本館/工芸館

東京国立近代美術館は、竹橋駅近くの北の丸公園内にある日本初の国立美術館です。

文化の日には、所蔵作品展や企画展の観覧が無料になります!
 

明治時代の後期より現代に至るまでの美術作品を展示しており、所蔵作品展では20世紀から現代にかけての彫刻や日本画などといった広範囲に及ぶカテゴリーより200点を選び抜き、日本美術のトレンドを味わい尽くせちゃいます。

東京国立近代美術館は、美術品だけでなく陶磁器や染物、漆工などといった工芸品も展示されている稀な美術館で、工芸館では近現代の工芸やデザイン作品の展示を観覧することができます。

ちなみに、ほぼすべての作品を思う存分に写真撮影することもできるため、思い出にあなただけの写真集なども作れちゃうことも魅力の一つです。

 【詳細情報】 
  • 文化の日の特典:
    (本館)所蔵作品展の観覧無料
    (工芸館)企画展の観覧無料
  • 住所:
    (本館)東京都千代田区北の丸公園3-1
    (工芸館)東京都千代田区北の丸公園1-1
  • アクセス:
    (本館)東京メトロ東西線 竹橋駅より徒歩3分
    (工芸館)東京メトロ東西線 竹橋駅より徒歩8分
  • 通常入館料:一般500円、大学生250円
  • 開館時間:10時~17時(金曜日・土曜日は20時まで)
  • 休館日:月曜日、展示替え期間他
  • お問い合わせ:03-5777-8600(ハローダイヤル)
  • >>公式サイトはこちら

 

印刷博物館

印刷博物館は、凸版印刷(とっぱんいんさつ)という企業が運営しており、100周年記念に設立した博物館です。

文化の日には、入場が無料になるよ!
 

印刷博物館という名前の通り、印刷文化に関連した多様な展示を行っており、一昔前のチラシやポスター、書籍から現代の印刷物に渡って広範囲に及ぶ資料が収蔵されています。

シアターや展示エリア、ミュージアムショップがあり、印刷文化の起源から最新の印刷技術までを見ることができるため、子どもから大人まで非常に価値のある体験ができること間違いなしです。

SPONSOR LINK
 【詳細情報】 
  • 文化の日の特典:入場無料
  • 住所:東京都文京区水道1-3-3 トッパン小石川ビル
  • アクセス:東京メトロ有楽町線 江戸川橋駅より徒歩8分、JR総武線 飯田橋駅より徒歩13分
  • 通常入館料:一般300円、学生200円、中/高生100円
  • 開館時間:10時~18時
  • お問い合わせ:03-5840-2300
  • >>公式サイトはこちら

 

文化の日はどう過ごす!?東京でオススメの無料施設6選のまとめ

文化の日を有意義に過ごすために、東京でオススメの無料施設は参考になりましたでしょうか?

文化の日は「自由と平和を愛し、文化をすすめる日」と法律で定義されていますので、無料開放される文化施設が多く、文化に触れて満喫できそうですね。

文化の日について、もう少し知りたい人は以下の記事も合わせて見てみてください↓↓↓
>>文化の日はどんな日!?文化の日の由来や意味とは?

博物館や美術館が好きな人はもちろんのこと、日頃はそれほど足を運ばない人も家族や子供と一緒に出向いて、文化的な一日を送るのもオススメです。

日本文化を博物館や美術館で体感したら、家族みんなでのんびりといつもはあまり話さない様な会話や、文化に関する話などをしたら盛り上がるのではないでしょうか。




-文化の日

Copyright© ワイドなび , 2018 All Rights Reserved.